iPhoneのリセットの仕方について

iPhoneのリセットは2つの方法があります。
また、リセットの段階も2段階にわかれています。
リセットの段階についてはセキュリティ情報を削除する設定と工場出荷状態に戻す方法があります。
iPhoneについては長らく使っていくとメモリにゴミが溜まることは少ないのですが、要らない設定などを消してすっきりさせたいという方も多いようでス。
その場合にはセキュリティ情報の削除だけを行えばアプリなどを残したまま利用ができます。
iPhoneのリセットについては本体を利用する場合とMacやPCを利用する場合があります。
どちらも初期化はあっという間に終わりますが、PCやMacで初期化を選ぶ際には注意勧告が出ないケースがあるので、初期化を行う場合は注意が非強ようです。
iPhone本体で初期化する場合は設定アプリから選ぶことで可能です。
ただし、本体のみで初期化する場合は電源が足りていなければケーブルの接続を要求されるケースもあります。

iPhoneの各種履歴について

iPhoneの各種履歴について iPhoneはさまざまなアプリで履歴をとっています。
履歴とは操作のログであったり、GPSデータであったり、トロフィーであったりとさまざまあります。
履歴の取得は各アプリに任されており、アプリごとに履歴の表示の仕方も変わってきます。
iPhoneでよく利用されるのはゲームなどでのログです。
ただし、ログについては個人情報であることも多いので消しておきたいという方も多いようです。
その場合は、ほとんどが設定アプリで各アプリごとの設定項目で消すことが可能です。
また、iPhone自体のログやセキュリティ情報については設定アプリで一括で消すことも可能です。
一括削除の際、注意したいのが工場出荷状態に戻さないようにすることです。
削除にはすべての情報を消すというコマンドもあり、これを選択した場合はiPhone本体からアプリも含めすべてを消すので、必要な部分のみを消すようにしたいものです。
また、消す際には確認が必ず表示されますのでチェックしておきたいところです。