iPhoneの下取りについて

iPhoneは中古市場でも高値で取引される商品であり、各通信キャリアでも率先して下取りを行っています。
下取りについては主にモデルナンバーで価格が決まることが多いのですが、いくつかのポイントを踏まえておくとより高値で取引できるケースが多いようです。
iPhoneの下取りを有利にすすめるには清潔さと付属品の有無があります。清潔さについては保護シートを剥がしておくことやふき取りなどが重要です。
また、普段からケースに入れておくことで汚れ以外に傷も防げるので下取りは格段によくなることが多いです。
保護シートについては画面と本体向けがあります。本体についてはケースがあれば必要ないことが多いですが、画面については出来る限り貼っておくと良いです。
保護シートにはさまざまな種類がありますが、どのタイプでも傷を防いでくれますので安心です。ただし、シートを剥がす際にはガラス面を傷つけないように慎重に剥がすことが大事になります。

iPhoneのメモリ増設について

iPhoneのメモリ増設 iPhoneはメモリが固定です。16G、32G、64Gと増設することは基本的にできません。その代わり、iPhoneではネットワークやサードパーティー製パーツを使ってメモリ増設の代わりをさせているユーザーが多いです。
ネットワークについてはクラウドが利用できます。クラウドの多くがファイル共有サービスを提供しており、中には1TB以上ものデータを保存できるようになっていたり、写真、動画は無制限に保存できるサービスまで登場していきます。
クラウドサービスをうまく利用することで本体のメモリを補うことが可能です。
また、クラウド以外にも増設対応パーツが増えています。WIFIやBluetoothで繋がるハードディスクやSSD、メモリカードリーダなども登場しています。
特にWIFI対応のディスク機器は好評であり、メモリカードでは実現できない容量を使えると大変好評です。
iPhoneはSDカードなどを内蔵できないのがネックではありますが、打開策も多数提案されているので困らないようになっています。