iPhone7でSuicaを使う方法

まずはiPhone7にカードを登録し、情報を転送する必要があります。
Suicaアプリを起動し、「Suica発行」「Suicaカードの取り込み」とタップして行くと、Walletアプリが起動します。
「カードを追加」をタップし、「カードを転送」の画面に切り替わったら、表示されたイラストのように、カードの下半分と、iPhone本体の上部の先端が重なるように乗せてしばらく待つと、「カードの追加」にチェックマークの付いた画面になり、カード情報の転送が完了します。
また、プラスチックカードが破棄可能となった旨のメッセージが表示されます。
ここまでの作業が完了すると、元のプラスチックカードは利用不可能になりますので、記名式カードで、個人情報が記載されている場合は、該当する箇所を切り刻むなどして、適切に破棄します。
つづいて、指紋認証のTouch IDの設定を行えば、電車の改札口などで毎回決済時にApple IDとパスワードを入力する必要が無くなります。
最後に、カードと残高が登録されているのを確認すれば、iPhone7で使うための準備は完了です。

iPhone7のApple PayでSuicaを設定する

iPhone7のApple PayでSuicaを設定する 何かと便利なiPhoneですが、7からはSuicaに対応したApple Payまで搭載されるようになりました。
この機能を使えば、カードを持ち歩かなくてもiPhoneを改札機にかざすだけで電車に乗れるのです。
Apple PayでSuicaを使用するためには最初に設定を行わなければいけませんが、iPhone7とSuicaカードさえあれば設定は簡単に終わらせることが出来ます。
まずWallet Appを起動し、表示されているプラスマークか「カードを追加」を選択。
次にカード選択画面でSuicaを選び、お持ちのカード裏面に記されている番号の下4桁を入力します(Suica定期券なども利用する方は、生年月日の入力も必要です)。
利用規約に同意したら、あとはSuicaカードの下半分に重ねる形でiPhone7を置くだけで、自動でカード情報が転送され、Apple PayのSuicaが使用できるようになります。
Suicaアプリもインストールしておくと様々な機能が使えて便利ですので、ぜひ活用してみましょう。