iPhoneのカメラの使い勝手

iPhoneは日本で販売された3Gからカメラを搭載してきており、iPhone6sではデジタルカメラにも負けない画質で好評を得ています。
iPhoneのカメラで特徴的なのが画素数の割に綺麗な画質を実現していることです。Androidに比べると画素数が少なめのセンサーを利用しているケースが多いですが、iPhoneの大きさに合わせて適切な画素数としており、ソフトウエア対応も優れていることから同レベルのAndroid機よりも綺麗な画質を実現していると考えられています。
スマートフォンのカメラはデジカメにはかなわないと言われていますが、ソフトウエアと各種センサーを適切に設定すれば十分な画質を得られます。
また、外付けのレンズがサードパーティから登場しており、マクロ、広角、望遠など、さまざまな撮影方法に対応が進んでいます。
また、静止画が注目されますが、動画についても世代ごとに画質が上がってきており好評を得ています。

iPhone向けの便利ツールについて

iPhone向けの便利ツール iPhoneは日本国内ではスマートフォンの半分程度のシェアを持っているので、サードパーティを含めてさまざまな便利ツールが提供されています。特に車や自転車、ランニングなどのスポーツ関連が充実しています。
自転車や車でiPhoneを利用する場合はナビゲーションシステムとしての利用が期待されています。特に車向けの便利ツールとしてとても好評を得ています。車のダッシュボードに取り付けられるアダプタが使い勝手が良くなっています。
運転の邪魔にならないだけではなく、充電ステーションの役目を果たしたり、Bluetoothで車のオーディオと接続するアダプタとなるなど使い勝手がよくなっています。
また、ランニングなどスポーツ向けの便利ツールも好評です。スポーツ向けでは腕に取り付けられるアダプタから始まり、防水仕様のヘッドホンなどもiPhone向けにカスタマイズされて販売されています。
また、アップルウォッチと連動する機器も好評を得ており、続々販売数が増えています。